個人再生

個人再生の流れや費用・メリット・デメリット・期間・必要書類・ローン関係などについて分かりやすくまとめています。

個人再生 家計簿 嘘

個人再生の手続きを進める場合は、裁判所へ家計簿(家計収支表)を提出する必要があります。

とはいえ毎月きちんと家計簿を付けている人は多くないでしょうし、分からない部分は嘘を書いたり適当に書きがちです。

ただ、裁判所へ提出する書類に嘘を書くのはマズイです。

嘘を書くとどうなる?

家計簿に嘘を書いてしまうと、それがきっかけで個人再生が不認可になる可能性があります。

つまり借金減額が認められないということです。

時間と手間、そして安くないお金をかけて手続きを進めているのに、家計簿の嘘ですべてムダになるのはとても勿体ないです。


そして、嘘を書いてもバレる可能性は高いと思われます。

家計簿の場合は、

  • 前月末で手元に残った金額
  • 今月初めに手元にある金額

これとか

  • 家計簿の最後で手元に残った金額
  • 手続き時に手元に残っているお金

これを一致させる必要があります。


でも嘘を書くとこれがズレたり、ズレないように他を修正すると必ずどこかに不備が出ます。

家計簿の内容を精査する人もプロなので、素人である私達がついた嘘で騙せるような相手ではありません。

どうしても分からない部分があれば、嘘を書くのではなくまず弁護士に相談してみましょう。

すべて1円単位で書かなくても問題ないので、解決法はきっとあるはずです。


家計簿をつける上で知っておきたいポイント3つ

次は、3つほど大切なポイントをまとめていきます。


1.家計簿を提出する理由

裁判所へ家計簿を提出する理由は、

  1. 収入に対して支出が大きすぎないか
  2. 持続的な返済能力があるか
  3. 減額しないと返済できないのか

こういう部分をきちんと確認するためです。


だから家計簿自体には嘘・ミスがなくても、

  • 支出が大きいから返済能力がない
  • 収入が大きいから個人再生が不要

このような判断をされると、個人再生が不認可になる可能性があります。

2.家計簿は2ヶ月前から付ける

家計簿は、裁判所への申立から過去2ヶ月分あれば十分とされています。

また個人再生の流れ的に、

  1. 法律事務所へ相談・依頼する
  2. 正確な借金額を計算する
  3. 必要な書類を準備する
  4. 裁判所へ申立をする

こうなっていて、「4」までには最低でも2ヶ月ほどかかります。

つまり、「1」の時点で家計簿をつけ始めれば間に合うということです。

3.市販の家計簿でも問題ない

家計簿は法律事務所への依頼時点でつけ始めればOKですが、書式は決まっていないこともあります。

そのため市販の家計簿でも問題ないですが、項目が少なすぎるものは避けたほうが無難です。

また裁判所によっては指定の書式がありますが、その場合は弁護士から指示があるはずです。

指示があれば所定の書式に書き換えればいいので、まずは市販の家計簿に記録をしていきましょう。


無料・匿名で使えるチャット相談

頭の中では

「早めに法律事務所に行かないと・・・」

とは思っていても、なかなか一歩を踏み出すのは難しいと思います。


そこで便利なのが「弁護士ナビ」です。

これは無料・匿名で使える相談サービスで、チャット形式でやり取りが出来ます。

実際の画面はこんな感じです。

このサービスの運営元である「弁護士法人プロテクトスタンス」には経験豊富なスタッフが在籍しているので、あなたの支えになってくれるはずです。


公式サイトはこちら
↓↓↓↓

弁護士ナビ


関連記事

kf-ftarou.hatenablog.com
kf-ftarou.hatenablog.com
kf-ftarou.hatenablog.com