個人再生

個人再生の流れや費用・メリット・デメリット・期間・必要書類・ローン関係などについて分かりやすくまとめています。

個人再生をしてもクレジットカードは残せる?

個人再生をすればあなたの借金を最大10分の1にまで減らせるので、今後の返済生活をグッと楽にする事ができます。

でもその代わり、いくつかデメリットがあります。

その1つが「クレジットカード」です。

 

個人再生を考えている方の中には

『借金は減らしたいけど、カードは残したい』

という方も多いと思いますので、今回は個人再生をしてもクレジットカードを残すことが出来るのかまとめていきます。

 

まず結論から書くと、個人再生後にクレジットカードを残すことは出来ません。

f:id:f-tarou:20201206154434j:plain

『使っていないカードなら問題ないんじゃないの?』
『ちゃんと返済しているカードも残せないのか?』

『クレジットカードを隠しても残せないのか?』

と思われるかも知れませんが、残念ながらクレジットカードは残せません。

 

使っていないクレジットカードでも返済しているクレジットカードでも、強制解約されてしまいます。

強制解約される流れとしては、

  1. 個人再生をしてブラックリストに載る
  2. カード会社が確認したときにその事実が発覚する
  3. クレジットカードを強制解約される
このようになります。

ブラックリストに載っている以上、カード会社から「利用料金が回収できない危険性がある」と判断されてしまうからです。


どのカード会社でも定期的にブラックリストを確認しているので、たとえ滞納していない場合でも強制解約を免れる事はできません。

f:id:f-tarou:20201129141316j:plain

カード更新時期などは確実にブラックリストをチェックされるので、最長でも今あるクレジットカードの有効期限までしか使えないという事です。

 

これは、クレジットカードを隠していても同様です。

しかもクレジットカードを隠してしまうと、さらにデメリットがあります。

デメリットとは、

  • 個人再生の許可が下りない
  • 担当弁護士に依頼を断わられる
こういう可能性が高いことです。

所得や財産・借入状況をきちんと報告していない事は、裁判所にはまず間違いなくバレます。

これがバレると個人再生の許可がおりないのは確実ですし、そうなると弁護士としても依頼を進める理由がありません。

つまりクレジットカードを隠しても、自分の首を締めてしまうだけという事です。

 

そしてクレジットカードは、ブラックリストが消える『借金完済後5年~10年間』は新たに作ることも出来ません。

このあたりは、こちらの記事に詳しくまとめています。

kf-ftarou.hatenablog.com