個人再生

個人再生の流れや費用・メリット・デメリット・期間・必要書類・ローン関係などについて分かりやすくまとめています。

個人再生 無料相談

個人再生は借金の原因に関係なく利用できることもあり、年間1~2万人程度の方が個人再生を利用しています。

個人再生なら家や車を残すこともできるし自己破産ほど大きなデメリットはありません。

そして大きな借金でも最大90%カットする事ができます。


そこで今回は無料相談在住の方向けに、おすすめ事務所や裁判所ごとの特徴・費用などについてまとめていきます。


 

無料相談にある弁護士事務所

まずは、無料相談にある弁護士事務所をまとめていきます。


f-tarou




























































※上記情報は変更されていることもあるので、公式サイトなどでご確認ください。

 

自分にピッタリ合う事務所を探す方法

先程まとめた弁護士事務所は、あくまでも一部です。

○○○○○には弁護士事務所が数多くありますし、専門分野もそれぞれ違います。

その中からピッタリ合う弁護士事務所を自力で探すのは非常に大変です。

 

そんな時は「日本法規情報」というサービスも便利です。

これはあなたと専門家を仲介してくれるサービスで、以下のような流れで利用します。

  1. 相談フォームで必要事項を入力する
  2. こちらの希望と詳しい借入状況を伝える
  3. 希望にあった法律事務所を紹介してもらう
  4. 相談する日程調整をする
  5. 法律事務所との相談を行う

こんな流れとなっています。

f:id:f-tarou:20201128220617j:plain

実際に依頼したいと思える弁護士事務所があれば依頼すれば良いですし、無ければ相談のみでもOKとなっています。

希望条件やエリアにもよりますが、3件~5件ほど弁護士事務所を紹介してくれます。

もちろん日本法規情報の利用料金は無料なので、気軽に利用できます。

 

また日本法規情報では、

  • 土日祝でも相談できるところ
  • 夜20時以降でも相談できるところ
  • 女性の専門家がいるところ
など様々な希望に合わせて弁護士事務所を紹介してくれます。

 

 

個人再生に関するQ&A

最後に、個人再生で気になるポイントをQ&A形式でまとめておきます。


個人再生はどんな流れで進む?

個人再生の手続きは、

+ 無料相談をして法律事務所へ依頼する
+ 受任通知を貸金業者へ発送する
+ 取引履歴をもとに引き直し計算をする
+ 経済状況を整理・調査する
+ 個人再生申立書類を準備し裁判所へ申立てをする
+ 個人再生委員が選出される
+ 個人再生手続きの開始決定を出す
+ 面談をして再生計画案を作成・提出する
+ 履行テストを実施する
+ 再生計画案の認可を受ける
+ 再生計画案通りに返済をスタートする

このように進みます。

これにかかる期間は状況にもよりますが、大体9ヶ月~1年程度となります。


詳細はこちらにまとめています。
kf-ftarou.hatenablog.com
kf-ftarou.hatenablog.com


個人再生中はお金を借りることは出来ない?

個人再生が始まるとブラックリスト情報に登録されるので、お金を貸してくれる可能性は格段に下がります。

ですが、フクホー・セントラルなど消費者金融によっては条件次第で借入する事が可能です。


詳細はこちらにまとめています。
kf-ftarou.hatenablog.com


官報ってなに?

官報とは、国が発行している機関紙です。

こちらには施工される法律や政府の人事異動などだけでなく、

- 個人再生をした方の氏名
- 住所
- 事件番号
- 決定日付
- 手続き期間
- 管轄の裁判所または支部

こういった情報が掲載されます。

とはいえ官報のせいで誰かにバレる可能性は限りなく低いです。


その理由については、以下にまとめています。
kf-ftarou.hatenablog.com